FP(ファイナンシャル・プランナー)の通信講座を、受験者目線で比較

FPの通信講座のことで、「比較が必要だ!」という意見が増えているそうです。
それもわからなくもありません。ちょっと調べただけでもたくさんFPの通信講座の情報が出てくるからです。
情報が簡単に手に入る時代になったのはありがたいことですが、ここまでFPの通信講座を やっている業者が多すぎるのでは、どれがどう違うのかまったくわかりません。
どこかで一度、それぞれのFPの通信講座の比較をしたほうがいい時期にさしかかっているのではないでしょうか。

しかし、FPの通信講座の比較をしたいと思っても、なかなかそれは簡単にはいかないでしょう。
FPの通信講座をいくつも取り寄せて、自分の身をもって試してみた……という人はまずいませんから。

それでも、FPの通信講座の比較、それもFP受験者にとってすぐに役に立つような切り口で通信講座の比較を する人が出てこないといけないでしょう(その需要を見据えて、今回このようなページをつくったのですが)。
FPは、かなり前から注目されている資格のひとつになっています。
FPの資格を持っていると、それだけで一気に就職や転職に有利になるチャンスが秘められています。
FPは、銀行や保険のような金融を目的としている業界では非常に価値の高い資格で、 FP資格を持たないまま入社してきた社員に対しては、取得を推進する企業もたくさんあるくらいです。
しかも、FPは金融にちょっと縁がある程度の業界でも、部署によっては 必要とされるようになってきていますね(たとえば、不動産業界がその典型でしょうか)。
現代は、何かとボーダーレス化が進んでいるとよくいわれていますが、 従来の業界の壁を越えた業務展開が当たり前のようになっています。
そして、FPという金融計画のコンサルティングをするような性格を持つ資格・職業が 頼りにされるように変わってきているわけです。

FPの資格は他人に先んじてとってしまったほうがいいに決まっています。
多数あるFPの通信講座の中から、受験者ひとりひとりが自分に合っているコースを見出して 早く受講したほうがいいでしょう。
費用や期間といった比較の切り口、そしてそれを級ごとに分けることでFPの通信講座で迷っている人たち、 特に早くFPに受かって仕事につなげたい人たちに役立つページを目指しています。
よく読んでこれからの決断に使ってください。