FP(ファイナンシャル・プランナー)の通信講座は、まずどのコースを選ぶべきか

FPの合格を通信講座で狙うのだったら、どんなとり方がいいでしょうか?
FPは「級」で分けられている資格です。しかもFPは、1級・2級・3級~という違いだけではなく、 AFPやCFPといった資格もあって、これからFPを受けようという人にとってはかなりややこしいですね。

とにかく、多くの人たちがFPの資格をほしがる理由といったら何でしょうか? 
「就職や転職で有利な立場になりたいから」という一点に集約されているのではないでしょうか?

それだったら、望ましいのは、就職や転職活動に備えて、確実に受かる資格を選ぶことでしょう。
そして、そのために必要なFP用通信講座を選んで受講することでしょう。

FPの資格で、履歴書等に書くとご利益があるといえるのは、「2級+AFP」のセットですね (どちらかいっぽうだけでは、せっかくFP資格を持っているメリットにじゅうぶんにあずかれません)。

まず手はじめにとったほうがいいのは、3級でしょう。
FP3級は、通信講座を申し込んで勉強をはじめてからものの2ヶ月未満で合格してしまう人も少なくありません。
特にまだ若い10代~20代後半までは、3級をまず目標とするのも悪いものではありません (もちろん、もっと年上の場合でも、最初に3級から受けてFPの内容に慣れることもおすすめできます)。

ただし、3級だけで勉強を終わらせてしまうのはもったいないですし、効果ももうひとつです。
就職や転職に利用するとなったら、その上の資格が必要です、そこで、2級を受けることになりますが、 ただ2級だけを受けるよりも、AFPの資格もセットでとったほうが就職や転職には使えます。

もっとも、2級とAFPを別々に受けるとなると二度手間になりますし、 いっそのことセットで受けてしまったほうがいいのですがそれができるところは限られています (FP専門の学校にしても、認可を受けているところでないとそれは難しいのです)。
通信講座の場合も学校と同様で、限られたFP用通信講座でない限り セットでの受講とセットでの合格は期待できませんから、 FPの試験を通信講座で勉強して受けようと思っているときは、2級+AFPのセットの講座をオープンしている ところに申し込んだほうが正解です(他のページで、FP2級+AFPの通信講座の比較を、 費用や期間等の点で比較していますから、参考にしてほしいと思います)。