FP(ファイナンシャル・プランナー)の通信講座の費用を安さで比較/2級+AFP編

FPの「2級+AFP」の通信講座の費用を、ここでは比較していくことにします (3級の通信講座の費用については前ページをご覧ください)。

FPを受けるなら、「2級+AFP」に受かっておくことが、現在の世の中ではとても大切で、またFPの通信講座 には「2級+AFP」を対象としている講座があちこちにあります。
ここまで多いと、どうやって選んだらいいかわからないでしょう。ここでもやはり、予算の問題は大きいですね。
予算に恵まれている人は限られていますし、あまり費用をFP用通信講座にかけられない人たちのほうが多そうです。
できるだけ安いほうがいいという人たちがいることを踏まえて、 費用の安さを比較の対象としてFPの通信講座を並べてみましょうか (△金額は、変わることが多く、各種特典が適用される例も多いため概算で記載しています)。

○~30000円まで
・ゼミネット:20000円前後
○30000円~40000円未満
・金財FPセンター:30000円+消費税
・TLTソフト(保証なしコース):35000円前後
○40000円~50000円未満
・ECCビジネススクール:40000円前後
・フォーサイト(DVD):48000円前後
・クレアール(テキスト通信):48000円前後
○50000円~60000円
・TLTソフト(合格保証コース):50000円前後

FPの2級+AFPの通信講座は、実は3級までと比べて費用の幅がずっと拡大します。
FP2級+AFPの通信講座の費用は、100000円を超えてしまう例も珍しくありません。
しかも、多少安いタイプを探しても70000~80000円を超えてしまうことが多いといわれています。

そんな相場金額のFP2級+AFPのことですから、「できるだけ安くしたい」という人たちも多いでしょう。
教材の形にこだわらないなら、テキスト中心の教材(金財FPセンターほか、クレアールや 東京ファイナンシャルプランナーズのテキストのみの講座)を選ぶという手もあるでしょうが、 この場合はテキストの読み込みが基本の勉強を自発的にできるようにならないと苦しいですね (つまり、多くの人たちに一度に推薦できるわけではないです)。費用はやはりFPの通信講座では 第一優先項目ではありますが、その他の点をどこまで妥協できるかをよく考えてから選びたいものです。

ECDビジネススクールやフォーサイトのような、40000~50000円の間に納まる通信講座が DVD型の教材のほかテキストや問題集等もきちんとついてきて、ある種いちばんバランスがよいといえます。